着物の染み抜き専門。大阪市に店舗 大阪・神戸は無料集配。郵送は全国対応

着物 染み抜き専門

大阪市に店舗 大阪・神戸は無料集配 郵送は全国対応


◆ 当店の染み抜きの特徴

  1. 国家資格のクリーニング師が対応、染み抜きは染色補正一級技能師が在籍する専門店です。
  2. 30年前のシミや他店で断られたシミも対応し、染み抜きだけの作業も可能です。
  3. 郵送は全国対応、大阪・神戸方面は無料集配し、その場で詳しい説明と見積りができます。
  4. 料金体系は安心な価格設定で、事前に分かりやすいよう明確にしています。
  5. 染み抜きが出来なかった場合、料金はいただいておりません。


お問合せは、こちらまで 

呉服店やクリーニング店では一般的に職人に見せるため見積もりに時間がかかるときがありますが、当店は、着物のクリーニングや染み抜きを経験している国家資格のクリーニング師がその場で無料見積もりができます。

染み抜きは、お店によって料金も変わってきますが、正しい知識とお客様にお伝えしておくべき情報を共有することができるお店が良いと思います。 

また当店では、事前に料金のイメージが出来るように分かりやすい設定にしております。

南森町店
南森町店

店舗情報

  • 〒530-0047 大阪市北区西天満5-1-9 大和地所南森町ビル1F
  • 営業時間:10時~17時(事前にご連絡いただいた場合は、9時~19時まで可能)
  • 店休日:日曜日・祝日
  • メール:info@remake-kimono.net
  • 地下鉄南森町駅・JR大阪天満宮駅:徒歩3分

◆ 衿の汚れ

ご相談の多い衿の汚れです。着用して間もないものは比較的落ちやすいですが、何度も着用された場合は汚れの上に汚れが重なっていくことになります。

ワンシーズンに数回着用されて作業をさせて頂いた場合は、新しい汚れの「衿の汚れ落とし」というメニューでも比較的落ちますが、何年も放置していると汚れが定着してしまし、通常の作業では落ちにくくなります。

その場合は、古いシミの漂白や染色など「衿のシミ抜き」も検討ください(左側が作業前で右側が作業後) 

衿の汚れ落とし 左側が作業前
衿の汚れ落とし 左側が作業前

シミや汚れが付いて1~2週間程度ですと、生地の上にシミがあるようなイメージで比較的作業がやりやすく「新しい汚れ」の部類になりますが、時間が経ち生地に定着してくると染み抜きにようする時間や高度な染み抜き技術が必要になりますので「古いシミ」の扱いになり、漂白や染色が必要になる場合があります。 

◆ しみ抜きをしたいのですが料金が心配です。

  • 着物の染み抜きを何度かいくつかのお店で経験したことがあれば相場も分かると思いますが、初めての方は心配だと思います。当店は着物を拝見させていただき、その着物に必要なプランを最良のプランから必要最低限のプランやお客様が気にされている部分だけの見積もりを3~4つのプランを提示させていただきます。着物のお手入れを何度かしたことがある方は、当店の見積もりに対して「良心的な価格ですね~」と言ってくださいます。

◆ シミが付いた時の処理はどうしたらよいですか?

  • 乾いたタオルやティッシュで吸い取る程度が良いです。濡れたタオルなどで拭いたりこすったりせず、速やかに専門家に見てもらってください。絹は湿気に弱く水を使って叩くと広がり、また繊維が毛羽立つスレになりますと染色など必要になりますのでご注意ください。

◆ 染み抜きだけお願いできますか?

  • 丸洗いと染み抜きがセットになっているお店もありますが、当店は染み抜きだけの作業も可能です。先に丸洗いして染み抜きする方が作業はやりやすいですが、もしシミが気になって相談に来られているのに丸洗い料金も必ず発生するのは、少し疑問が残ります。もし丸洗い後に染み抜き出来なかったら丸洗い料金だけ発生するとしたら尚更疑問が残ります。当店は、先に染み抜きしますので、染み抜きが出来なかったら料金は発生しません。

◆ 自分でシミ抜きできますか?

  • 着物のシミ抜きは設備が必要ですのでご自身でのシミ抜きは控えた方が良いと思います。理由としてはシミを流したりシミや溶剤を綺麗に抜くことができない(布に残留する)と思います。シミ抜きの機械では溶剤をたっぷりの水や有機溶剤で流しながら裏側からバキュームで吸い取ると同時に速やかに乾燥させることができますが、ご自宅ではそれができないと思います。ご自身でやるとシミが薄く広がる程度で見えにくくなるかもしれませんが、溶剤やシミが残留していると思いますので、将来的に残留部分が薄く変色してきたり、キワ部分が変色してくると思います。
  • シミが付いた時に自分で何かしたくなると思います。またその時にしみ抜きを検索すると着物の染み抜きに関する情報が出てくると思います。インターネットで掲載されている内容は理屈上は間違っていないものが多いとは思いますが、しみ抜きは経験上、理屈よりも経験が必要です。いくら理屈が分かっていても実技(染み抜きの多くの経験)がないと失敗する可能性が高く、また失敗した時に自分で修復できないため結果的に専門家に相談することになります。その場合、シミが広がっている場合が多くシミ抜きする前よりも高くつくことが多いので注意してください。

◆ 雨が降った時に着物に水ジミができました。

  • 着物に水がかかった時にその部分が乾いても一段濃く見える現象ができます。特に縮緬系の生地は顕著にでます。光沢異常と言いますが、着物が濡れたことにより部分的に縮み、その部分が濃く見える現象です。水が付いて縮んでいるだけなのでシミとは言いにくいですが、一般的に水ジミと言っています。それを目立たなくするには全体を水に付けて洗う洗い張りがお勧めですが着物を解き仕立て直さないといけないため高くつきますので、一般的に部分的に水でぼかしながら目立たなくします。

◆ 汗をかいたらシミができました。

  • 水ジミと同じ原理で濡れた所が縮みによって一段濃く見える現象の場合は光沢異常ですが、汗の場合は将来的に茶色く変色している可能性が高いので長襦袢も着物も汗が付く部分を水溶性の溶剤で汗を流している方が良いです。

◆ 血液がついたのですがシミ抜きできますか?

  • 血液は時間との戦いのため速やかに専門店に出してください。数か月など放置するとシミ抜きが困難になる場合があります。また染み抜きなしでクリーニングに出さないでください。通常の着物のクリーニングでは血液は落ちません。またクリーニング後にアイロンでプレスします。高温で血液をプレスするとさらに取れにくくなりますので、必ず先に染み抜きしてからクリーニングをしてください。

◆ 30年前のシミも染み抜き可能ですか?

  • 時間のたったシミは着物に定着してしまっていることがあり生地自体が変色してしまっていることがあります。その場合は通常の染み抜き後で落ちなかった部分は漂白や染色が必要になりますので、シミを目立たなくするという表現が適切かと思います。他店で断られたシミも直せることが多数あります。

◆ シミ抜きできない場合の理由は何が原因ですか?

  • いくつかの原因があります。まず生地が裂けているものや弱っているものです。アンティークなど100年くらい前の着物になると生地が弱っており染み抜きの溶剤や水圧に負けてしまうため染み抜きが困難になります。また着物の場合、絹が一般的ですが化学繊維の場合、時間のたったシミは難しい場合があります。

◆ 他店で大島紬の染み抜きを断られました。

  • 新しいシミですと普通は大丈夫なことが多いですが、江戸小紋・鮫小紋などは柄が小さな型染で古いシミの場合は漂白など強い溶剤を使うとにじんでしまうことも多く、柄が小さいため染色も難しく修復が困難な場合が多いです。また大島紬など紬系は先染めで、糸を染めて柄を作りますので、漂白すると絣部分の柄がにじんだりすることもあります。同様に染色が難しいためお断りされるお店もあると思います。ただ絶対に無理という訳ではありませんのでご相談いただければと思いますし、仕立ての技術で見えない部分と交換するなども可能な場合がありますので、お気軽にご相談ください。

◆ 染み抜きの料金はどのように決まりますか?

  • 染み抜きはお店によって見積もりの仕方は異なってきます。基本的な考え方は、シミ抜きにどの程度の手間や時間がかかるかだと思います。大きいシミでも短時間で落とせるシミもあれば時間をかけながら少しずつ染み抜きしていくシミもあります。これはシミの種類と生地の種類、また時間経過で染み抜きの難易度が変わってきますので専門店以外では一度職人に見せるため見積もりに時間がかかることがあります。一般的な染み抜き店は、染み抜き1,000円~という風に上限が決まっていないので心配もあると思いますが、当店は1箇所:1,100~1,980円など上限も決めていますので、事前にお客様でも料金のイメージができるようにしています。

◆ 他店で染み抜きしたのですが、精度がいまいちです。そちらのお店で対応可能でしょうか?

  • おそらく一番の問題はお客様と接客しているスタッフの情報の共有だと思います。染み抜きが難しい理由や精度が高くない理由を説明してもらえたら納得できると思いますが、その説明が曖昧なのでしょう。そのようなご相談を受けることも多々あり、再度、その着物の染み抜き作業をさせていただくこともあります。そのうち8割くらいの方はシミ抜きが出来て納品させていただいています。2割くらいの方で作業が難しい場合は、その理由を説明させていただきます。